歯周病とラクトフェリン

口内の健康を保つ

歯周病

歯周病には、どんな人がなりやすいと思いますか?

歯周病は高齢の方がかかる病気だというイメージを持っている人もいるかもしれません。 ですが、実際は日本人の成人の約80%もの人が、歯周病にかかっているといわれています。

最近の研究では、この歯周病の対策にラクトフェリンが良いということがわかってきています。 なぜラクトフェリンに効果があるのでしょうか?

歯周病とは

ラクトフェリンがどのように歯周病を予防するのかを知るために、まず歯周病のことについて知っておきましょう。

歯周病とは、歯と歯茎の間に歯周病菌が入り込み、毒素を作り出して炎症を起こしてしまう病気のことです。 ひどくなると歯周組織が破壊され、歯が抜けてしまう場合もあります。

これを予防するには、歯と歯茎の間に歯周病菌を入り込ませないようにすることと、それによって生じる毒素を出来るだけ少なくすることが必要になってきます。

ラクトフェリンの力

歯周病菌が増えるには、鉄分を必要とします。

ラクトフェリンはこの鉄分と結合する働きがあります。 このため、歯周病菌が必要としている鉄分を奪い、結果として菌の増殖を防ぐことが出来るのです。

すでに作り出されてしまった毒素についても、ラクトフェリンは効果を発揮します。 菌の増殖を抑えることが出来ても、毒素が残っていると、歯周病はなかなか治らないと言われています。

ラクトフェリンは、この毒素を分解し、炎症を抑える働きをします。

歯周病菌を抑え、毒素も分解して炎症を抑える…これが、ラクトフェリンの働きだといえるのです。

最近では、ラクトフェリン配合の歯磨き粉も出てきています。 効果的にラクトフェリンを活用し、口内のケアを上手にやりましょう。